PUBLUS(パブラス)に関するニュース

ACCESS、EPUB 3 準拠の電子出版ソリューション「PUBLUS®」に iBeacon™およびGPS対応の位置連動型コンテンツ配信機能を拡張

2014.05.15

-ユーザの位置情報に連動した電子出版のO2O施策が可能に-

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)は、同社のEPUB 3準拠の電子出版ソリューション「PUBLUS®(パブラス)」に、iBeaconTM※1およびGPSに対応した位置連動型コンテンツ配信機能を拡張し、本日より、「PUBLUS」のオプション機能の一つとして、出版社、電子書籍サービス事業者、書店などに向けて、提供を開始いたしました。

「PUBLUS」は、電子書籍の国際規格であるEPUB 3に準拠した電子書籍ビューワ「PUBLUS®  Reader」、コンテンツ配信システム(書籍、壁紙、音声、動画)、売上管理システムなど、端末からサーバシステムまでを包括的にサポートする電子出版ソリューションです。国内外の大手出版社、電子書籍サービス事業者などに多数採用されています。この度、「PUBLUS」 に、iBeaconおよびGPSに対応した、自社開発の位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESSTM Beacon Framework(ABF)」を統合することにより、屋内外での位置情報に連動したコンテンツ配信機能を拡張しました。「PUBLUS」と本オプション機能を併用することにより、事業者は、ユーザの位置情報に連動した、従来にない電子出版のO2O※2施策やサービスを展開できるようになります。

主なユースケース

・電子書籍ストア事業者による、ユーザがイベント会場など特定の場所に来た時のみに、「買える」・「読める」・「友達と共有できる」等のキャンペーンやプロモーション
・リアルな「本」を扱う書店と電子書籍ストア事業者との連動企画やプロモーション

ACCESSは、この度の統合は、電子出版と位置連動機能とを融合した新たなサービスやプロモーションの創出を喚起することから、普及期にある国内の電子書籍市場を活性化するものと考えています。さらに、小売店やエンターテインメント施設などにおいて、スマートフォンユーザの位置情報に連動した、動画・音声も盛り込んだリッチな電子チラシや、クーポン、カタログ、パンフレットなどのプッシュ配信や、雑誌など出版物の販売も可能であることから、新たなO2Oを駆使したサービスやプロモーションツールとしての活用も見込んでいます。

なお、「PUBLUS」は、ASPとして、ビューワから配信・管理システムまでをワンストップで提供していますが、電子書籍ビューワの開発キット「PUBLUS®  Reader SDK」として、ビューワ単体の販売にも対応しています。この度の統合により、本SDKにも、オプション機能として、iBeaconおよびGPS対応の位置連動型機能を拡張して、本日より、提供開始いたします。電子書籍アプリの開発を内製化しているサービス事業者等においても、位置情報に連動した新たな読書体験を容易に構築できるようになります。

「ACCESS Beacon Framework(ABF)」について

「ABF」は、BLE※3搭載のBeaconハードウェア、スマートフォン向けアプリケーション、クラウド管理システムをワンストップで提供することにより、事業者のO2Oサービス等の開発を大幅に迅速化し、運用を効率化するiBeacon対応の位置連動型コンテンツ配信ソリューションです。「ABF」はGPS(オプション)にも対応しており、今夏にはAndroidにも対応する予定です。また年内にはアジアをはじめとする海外への展開も計画しています。

Beacon(ケース付き)※4は、Nordic Semiconductor社のSoC(System on Chip)実装、BT(Bluetooth)認証済み、国内外の無線規格(日本・FCC※5・CE※6)対応の日本製です。また、「iBeaconTM ライセンスプログラム」の認証を取得しています。
詳細は、https://a-beacon.com/をご覧ください。


プレスリリースに関しては、ACCESSホームページをご参照ください。

今後とも、PUBLUSをどうぞよろしくお願いいたします。