PUBLUS(パブラス)に関するニュース

日本能率協会マネジメントセンターの通信教育向け新「電子テキスト」サービスに、 ACCESSのEPUB 3対応電子書籍ビューア 「PUBLUS® Reader for Browser」が採用

2015.04.27

-国内初、EPUB対応電子書籍で、インタラクティブ性を実現-

株式会社ACCESS(本社:東京都港区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、同社のEPUB 3対応の電子書籍ビューア「PUBLUS® (パブラス)Reader for Browser」が、株式会社日本能率協会マネジメントセンター(本社:東京都港区、代表取締役社長:長谷川 隆 、以下JMAM[ジェイマム])の展開する通信教育の新たな「電子テキスト」サービスのビューアとして採用されたことを発表いたします。

JMAMは、企業の人材育成支援事業の一つの柱として「通信教育」を展開しており、日本全国の10拠点をベースに、毎年250あまりのコースを法人顧客向けに提供しています。JMAMでは、「学習効果アップ」・「学ぶ楽しさ」・「使いやすさ」の同時達成を目指して、従来、紙ベースで展開していた、テキスト・レポート問題集といった教材の電子化を進めています。この一環として、4月1日より、「PUBLUS Reader for Browser」ビューアをベースに開発された、電子テキストによる新サービスを開始いたしました。

新サービスでは、テキストは、EPUB 3対応の電子書籍として提供され、スマートフォン、タブレットなど、あらゆる端末のブラウザ上で利用できるようになります。また、教材の閲覧のみでなく、動画視聴や練習問題への回答といったインタラクティブな学びを実現しています。さらに、各受講者の電子教材は、クラウドにより各自の本棚に格納・管理・同期されており、しおり機能を使って、受講者は、問題集の途中からでも任意のテキストを選んで、自宅のPCや、移動中のスマートフォンから、空き時間を使ってサービスを利用することが出来ます。

JMAMでは、まずは、スマートフォンやタブレットの普及率が高い、若年層向けの以下5コースを対象に新サービスを提供開始します。その後、「PUBLUS Reader for Browser」の機能をフルに活用してサービスを拡張しつつ、対象コースも徐々に拡大していく予定です。

『コスト意識が身につく 計数入門コース』
『すっきり!仕事習慣デトックス』
『仕事によく効く!気くばりの技術』
『周りを「巻き込む」仕事術』
『1日5分で切りかえ上手 心の免疫力あっぷ↑』

■新「電子テキスト」サービスの主な機能例 (スマートフォンでの表示例)
新「電子テキスト」サービスの主な機能例 (スマートフォンでの表示例)

「PUBLUS Reader for Browser」は、PCやスマートフォン、タブレットなどあらゆる端末のブラウザ上で、活字・コミック・雑誌など多彩な出版物や、複雑な日本語組版も忠実に再現するHTML5ベースのビューアです。ストリーミング形式での配信により、利用端末にデータをダウンロードすることなく読書を楽しむことができます。本ビューアにより、サービス事業者は、専用アプリケーションを用意することなく、EPUBコンテンツの配信が可能となります。また、違法コピーや海賊版防止対策として、コンテンツの難読化機能を備えていますので、セキュリティを担保しつつ、有償のEPUBコンテンツの配信が可能となります。動画や音声機能も備えておりますので、視覚・聴覚に訴える、電子書籍サービスの提供が可能となります。また、この度新たに開発した、EPUB 3とHTML5との連携機能により、インタラクティブ性を実現しています。

「PUBLUS Reader for Browser」に関する詳細は、「PUBLUS製品情報」ページをご覧ください。

JMAMに関する詳細は、http://www.jmam.co.jp/をご覧ください。


プレスリリースに関しては、ACCESSホームページをご参照ください。

今後とも、PUBLUSをどうぞよろしくお願いいたします。