PUBLUS(パブラス)に関するニュース

1000万DLのスマホ・ポータル「Gunosy Platform」の新マンガサービス、無料で読める「グノシーマンガ」に「PUBLUS® Reader for Browser」が採用

2015.06.29

-「金田一少年の事件簿」「のだめカンタービレ」など人気10作品がスタート-

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)は、同社のEPUB 3対応の電子書籍ビューア「PUBLUS®(パブラス)Reader for Browser」が、株式会社Gunosy(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:福島 良典 以下Gunosy)が新たに開始するマンガ配信サービス「グノシーマンガ」のビューアとして、採用されたことを発表いたします。

「グノシーマンガ」サービスは、Gunosyが運営する情報キュレーションアプリ「グノシー」上で進めている「Gunosy Platform」の新サービスであり、ユーザーは、「グノシー」上から、スマホに最適化された形で手軽に無料配信中のマンガを読むことが可能になります。第一弾として、2015年7月より、株式会社 講談社(本社:東京都文京区、代表取締役:野間省伸 以下講談社)の「金田一少年の事件簿」(原作:天樹征丸・金成陽三郎 漫画:さとうふみや)、「のだめカンタービレ」(著:二ノ宮知子)、「エリートヤンキー三郎」(著:阿部秀司)の人気3作品の連載が配信開始され、毎週新話が更新される予定です。なお、「グノシーマンガ」サービスでは、電子書籍コンテンツの取次および企画協力を株式会社メディアドゥ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 恭嗣、以下メディアドゥ)が行います。

情報キュレーションアプリ「グノシー」および「Gunosy Platform」について

「グノシー」は、Gunosyの累計1,000万ダウンロードを超える情報キュレーションアプリです。Web上から、現在話題になっている情報を取得・配信する「カテゴリニュース」や、ユーザーの興味関心を分析し、最適な情報を個別に編集・配信する「マイニュース」、100以上のメディアがパートナーとして参加する「チャンネル」といった機能を備えています。「チャンネル」では、興味や関心のあるものをフォローすることで、様々なコンテンツを楽しむことができます。
「Gunosy Platform」では、「Gunosy 5,000万人都市構想」と称して、ニュースやメディア・ コンテンツに加え、様々なサービスを誘致しスマホに最適化された形でユーザーに提供することで、ユーザーにとってより快適で豊かな情報との出会いの場「Gunosy Platform」づくりを進めています。「Gunosy Platform」の参加企業様との提携モデルを「G Development」と名付け、提供サービスの拡大に向けてパートナーシップの締結を推進しています。

Gunosy Platform ロゴ

Gunosy Platform ロゴ
http://gunosy.com/

株式会社メディアドゥについて

メディアドゥ(東証マザーズ:3678)は1999年に設立した後、2000年にインターネット事業を開始しパケット通信量削減システム「パケ割!」を開発、2004年に音楽配信事業、2006年に電子書籍配信事業をスタートさせました。
電子書籍の配信システム「md-dc」とストアシステム「MDCMS」で構成するデジタルコンテンツ配信プラットフォーム「CAS(Contents Agency System)」を軸に事業を拡大し、国内の電子書籍3取次の一社として、「LINEマンガ」をはじめ、数多くの電子書店にコンテンツを配信しています。2013年11月に東証マザーズに上場、その後、電子図書館システムの世界最大手米国OverDrive社や、米国大手電子書籍サブスクリプション・サービス「Scribd」との業務提携や、「LINEマンガ」のグローバル版を推進するLINE株式会社との合弁会社「LINE Book Distribution」の発足など、海外に向けた事業展開も加速させています。
メディアドゥホームページ : http://www.mediado.jp/
※製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

「PUBLUS Reader for Browser」に関する詳細は、「PUBLUS製品情報」ページをご覧ください。


プレスリリースに関しては、ACCESSホームページをご参照ください。

今後とも、PUBLUSをどうぞよろしくお願いいたします。