PUBLUS(パブラス)に関するニュース

学研グループの新電子書籍配信サービス「Beyond Publishing」のプラットフォームに、「PUBLUS®」が採用

2016.10.31

-ビューアから配信システムまで一括提供により、短期間でのシステム構築を実現-

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)は、同社のEPUB 3対応の電子出版ソリューション「PUBLUS®(パブラス)」が、株式会社学研ホールディングス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:宮原 博昭)の子会社で学研グループの電子出版事業を担う、株式会社ブックビヨンド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:織田 信雄、以下ブックビヨンド)が本日10月31日より提供開始する電子書籍配信プラットフォームサービス「Beyond Publishing」(http://bpub.jp)に、採用されたことを発表いたします。

「Beyond Publishing」は、電子書籍などデジタルコンテンツを配信するプラットフォームサービスです。電子出版事業への参入を目指す企業が、雑誌や書籍から企業のカタログまでコンテンツを簡単にEPUB形式で電子化して配信・課金できるシステムを提供します。この度、ブックビヨンドでは、PUBLUSをベースに「Beyond Publishing」のシステムを構築することにより、あらゆる端末・OS上で利用できるEPUB対応コンテンツ配信プラットフォームとして、普及拡大していく予定です。

「PUBLUS」は、ビューア(アプリ版/ブラウザ版)から配信システムまで、事業者のサービス構築から運用まで包括的にサポートする電子出版ソリューションです。本ソリューションの核となるビューア「PUBLUS Reader」は、世界標準のEPUB 3に準拠しつつ、縦書き・ルビといった複雑な日本語組版の表現も忠実に再現します。アプリ版ビューアはiOS/Android /Windowsなど主要OSすべてに対応しており、コンテンツの難読化機能を備えたブラウザ版は、高いセキュリティを担保したEPUBコンテンツの配信を可能にします。ACCESSは、本ビューア(アプリ版/ブラウザ版)から配信システムまで「Beyond Publishing」へ一括提供し、「Beyond Publishing」の迅速なシステム構築を支援いたしました。

引き続き、ACCESSは、「PUBLUS」を進化させ、学研グループをはじめとする出版社や書店、電子書籍サービス事業者などの電子出版事業の拡充を支援してまいります。

「Beyond Publishing」アプリアイコン(iOS版)

「Beyond Publishing」アプリのアイコン

「Beyond Publishing」に関する詳細は、http://bpub.jpをご覧ください。

「Beyond Publishing」ロゴ


プレスリリースに関しては、ACCESSホームページをご参照ください。

今後とも、PUBLUSをどうぞよろしくお願いいたします。